人当たりの良さが大切!医療の仕事

医療事務への応募では、医療事務全般への情熱だけでは採用に至るのは難しいです。

人当たりの良さが大切!医療の仕事

医療事務全般への情熱だけでは不十分

惜しいところまでは進めるのに、最後のところで突破が難しいということがあります。
なまじいいところまでは進んでいる分、余計にがっかりします。
そういうことが続く場合は、なぜ最後で突破できないのかを丁寧に分析することが出来るでしょう。
そして、次回以降に生かしていくことが出来ます。
医療求人の応募をしている人にも同じことが言えます。
医療求人は、安定した仕事であるというイメージも手伝って、人気の高い仕事です。
その分、医療求人に応募してもなかなか採用に到達するのは難しくなっています。
では、どのようにして高い壁を越えていったらいいのでしょうか。
それは他の求職者以上の熱意を見せることです。
この人であれば、一緒に働いていきたいと感じてもらうことです。
この熱意の示し方には、ポイントがあります。
医療の事務の仕事を是非したいというアピールではダメなのです。
病院の採用担当の人が知りたいのは、なぜうちの病院で働きたいと思っているのかという点だからです。
それで、医療事務全般に対する情熱や愛着を語っても、先方が聞きたい内容とはかけ離れてしまう可能性が高くなります。
その点を強調すればするほど、別にうちの病院で無くても他の病院で働いてもいいのではと思ってしまうということです。
これは病院の担当者の気持ちになってみればわかることです。
病院で働きたいのであれば、別にあえてうちの病院でなくてもと感じてしまうのです。
それで、なぜその病院がよいと思うのかを述べなくてはいけません。

Copyright (C)2017人当たりの良さが大切!医療の仕事.All rights reserved.