人当たりの良さが大切!医療の仕事

病院の事務仕事をする人は、カルテの管理などでミスをしない注意深さが重要です。

人当たりの良さが大切!医療の仕事

注意深さが必要な仕事

人よりも物事がゆっくりという人がいます。
しかし、その仕事内容は丁寧で、信頼のおけるものです。
ゆっくり仕事をしているというのは、仕事が出来ないと同義語ではありません。
ゆっくりではあっても、ミスの無いしっかりとした仕事が出来る方が重要な職場はたくさんあります。
スピードは早くてもおおざっぱな仕事内容では困るような職場に、ミスをしない仕事が出来る人は重宝されます。
たとえば、医療求人に応募するような人には、注意深さが求められます。
ものすごいスピードで仕事をするかわりにミスも多い人よりも、多少仕事はゆっくりであってもミスをしない人の方が必要とされているのです。
なぜ医療求人ではそのような人が求められているのでしょうか。
それは、医療求人では、病院内の事務作業をする人を募集することが多いからです。
病院内の事務作業には、カルテの管理などが含まれます。
カルテには、その患者さんに処方されたお薬などの記録を記入していきます。
お薬の名前には、似通ったものも多いです。
名前は似ていても、その中身は当然異なります。
似ている名前をうっかり記入してしまわないためには、注意深さがいります。
また処方されるお薬の量も、間違えずに記録していく必要があります。
数字の細かな違いで、大きな違いにつながってしまうからです。
適切な量の薬でなければ、薬は薬として作用しなくなります。
それで、病院の事務の仕事をする人には、注意深さが求められるのです。

Copyright (C)2017人当たりの良さが大切!医療の仕事.All rights reserved.